涙で 目の疲れ目

なみだで疲れ目

きになる目の疲れ対策

きになる目の疲れ対策と生活習慣 top > 涙で疲れ目予防

涙で疲れ目予防!

 ストレスを感じている状態では、涙の分泌が悪くなります。 疲れ目のドライアイはこのストレ スによる原因とパソコンの画面などを凝視することにより、まばたきの回数が減り、眼球表面に涙が行き渡らなくなることが原因です。 画面を凝視することで、目を動かす筋肉も凝り固まるのです。

目の疲れ対策 自分の涙をとり戻すこと
 一番大切なことは、自分の涙をとり戻すことです。 目大きく開いて凝視して一点を見つめ、そのままできる限り見開いた状態を維持してください。 目が感想してしみてきたら、10回ほど瞬きをします。 5回ほど繰り返します。 最後に、大きく背伸びをしてあくびをして、目に涙を浮かべます


ブルーライトメガネだけではスッキリしない方必見!

目の疲れ対策 涙腺を刺激して、汚れを取り除く
涙腺のつまりをとったあと自分の涙を流し込んでいきます。ドライアイの人は8割以上が、油分不足が原因になっています。

 マイボーム腺という瞼の内側で、まつ毛の付け根に20個ほどある、油分を分泌する部分が詰まることが原因といわれています。 マイボーム腺を刺激してつまりを解消しましょう。 蒸しタオルで刺激することで、マイボーム腺の刺激になり、詰まった油が溶け、分泌が活発になります。

目の疲れ対策 暖めることで疲れ目予防
 ぬらして絞ったタオルを2枚用意して、電子レンジで1分ほど温めます。仰向けになって、首の後ろと目の上に置き、5分ほど気持ちのよい状態が続きます。

目の疲れ対策 目のまわりの筋肉をストレッチ
 疲れ目の原因に 眼球やまぶたを動かす筋肉が固まることが、疲れ目となってしまいます。 目のまわりの筋肉をほぐすストレッチをすることで、疲れ目の改善やリフレッシュになります。

 次に、 まぶたをギュッと固く閉じて、その後パッと大きく開きます。 これを数回繰り返し、目をゆっくりと上下左右に動かかします。 最後に、右回りに1回転、左回りに1回転、ゆっくりと円を描くように両目を回します。

 疲れ目がひどい時には、これらの動作を1セットとして数回くり返すと効果的です。 まばたきをすることで乾燥を防げるだけでなく、眼球を動かすので目のまわりの筋肉がほぐれて疲れが取れます。   3mくらい先の遠くの目標を見てから、目から30cmほどの近くを見てください。 この動作を交互に20回くらい繰り返します。 できれば、屋外で遠めの対象物を目標に、目のまわりの筋肉をほぐす効果があります。



アントシアニンが豊富な北欧ビルベリー 毎日をスッキリ!くっきり!ハッキリ!と送るための大切な成分アントシアニンが豊富な北欧ビルベリーを使用。 さらに効果を高めるためにルテインやカシスエキスなども絶妙なバランスで配合しました。 「目が疲れなくなった」「ドライアイが気にならなくなった」「しょぼしょぼがスッキリ」などの うれしいお声をいただいています。
健康習慣始めませんか
クッキリン(マキベリーサプリ も う ス マ ホ ・ P C の ブ ル ー ラ イ ト は 怖 く な い ! ブルーベリーを超えたスーパーフルーツ『クッキリン(マキベリーサプリ)』

      涙で疲れ目対策 page top 

Copyright (C) きになる目の疲れ対策と生活習慣 All Rights Reserved