目の疲れ

目の疲れ

きになる目の疲れ対策

きになる目の疲れ対策と生活習慣 top

きになる目の疲れ対策は

目の疲れ対策目の疲れの対策には?
 パソコンやスマホの使いすぎでが問題とよくいわれます。
 パソコンやスマホなどから発生する青白色光(ブルーライト)を吸収して、目の疲れを感じる方が増えています。目の疲れ対策

 パソコン画面を凝視すると、まばたきの回数が減り、目の表面が乾きやすくなり、疲れを感じたときは、目を閉じる、遠くを見るなど、休憩するのが一番です。 操作中に意識的にまばたきをするのも効果的です。

 目が疲れる・ぼやける・かすむ、目が痛い、しょぼしょぼする・まぶしいといったとき、休憩するとで治るものは「疲れ目」、休息をとっても治らなくて、症状が続くのは、「眼精疲労」と呼ばれています。 疲れの原因は様々ですが、眼精疲労を訴える人の半分以上にドライアイの症状が併発している事がわかっています。

目の疲れ対策眼精疲労は、
 症状がいつまでも続き、その症状を悪化させることもあります。 原因として目の病気や身体の病気が関係していることもあるので、へんだと思ったら、眼科で診察をおすすめします。

 

目の疲れ対策パソコンに向かうときは照明の明るさに注意、
 画面は少し見下ろすようにし、キーボードや資料の距離は画面と同じ距離になるようにします。 エアコンの風が直接目に当たると、ドライアイを引き起こす原因になるため注意。  パソコン作業時は1時間ごとに5~10分の休憩とること。 モニターを集中して見ていると、まばたきの回数が減りがちで、意識してまばたきしてください。

目の疲れ対策に、濡れタオルで温めたり冷やしたり!
 目の周囲を濡れタオルで温めたり冷やしたりして、血行をよくして目の疲れをやわらげます。  また、趣味やスポーツなどで、ストレスを発散するように心がけましょう。

ビタミン補給は目の疲れ対策には欠かせません
 ビタミンAは、ドライアイや目の疲れの予防に効果的 、ビタミンBは、物を見る能力をアップさせる 、ビタミンCは  眼精疲労にドライアイの症状と対策に、ビタミンDは、疲労回復物質 、ビタミンEは、血行促進作用で疲れ目の改善などなど。

カロチノイドのルテインやポリフェノール などで予防対策
 体内で造れないポリフェノールやカロチノイが 活性酸素の発生原因となる紫外線や可視光線のうち、青白色の部分を吸収して、眼球内の組織を保護します。 水晶体や網膜の酸化を抑えます。 酸化が原因となる、目の病気、視力の低下、眼精疲労など、目のトラブルを予防し、目の健康を守ります。

●毎日をスッキリ!くっきり!ハッキリ!と送るための大切な成分アントシアニンが豊富な北欧ビルベリーのサプリメント。 さらに効果を高めるためにルテインやカシスエキスなども。 「目が疲れなくなった」「ドライアイが気にならなくなった」「しょぼしょぼがスッキリ」などの うれしいお声!!
●PC・スマホ・液晶テレビ・LED照明などの電化製品から常にプルーライトの有害光線を受けております。 有害な光に立ち向かうポリフェノールが含まれています。 さらにチカラを引き出すルテイン、ビタミンCがおすすめです。
健康習慣始めませんか

      きになる目の疲れ対策と生活習慣 page top 

Copyright (C) きになる目の疲れ対策と生活習慣 All Rights Reserved
「PR」 ストレス解消  睡眠を快眠  美肌力  がん対策  健康サプリ